汚部屋|シンプルにする過程|脱出編

混乱した汚部屋から脱出を

洋服の断捨離・ボーダー服に違和感が

衣類というのは、
本当に、強敵です。

汚部屋から次々現れる不用品

不用品は処分した
と思っていても
なぜか次々と
湧いてきます。

大抵犯人は自分自身です。

非力な抵抗として
朝、着替えをしている時
目に付いたものを処分したり
こまめに減らすよう
意識しています。

捨てるか迷ったら保留

その時迷ったら
とりあえず保留にしています。

私自身は基本的に
捨てられる人間なのですが、
逆に捨てすぎて
買い直したこともあるため
最近は
この方法で様子を見ています。

迷ったら捨てる方が
いいのかもしれませんが、
次の機会には
捨てられることも多いので
この方法で問題ありません。

今回汚部屋から捨てるもの

今朝はゴミの日なので
こちらを捨てることにしました。

3年ほど前に購入した
UNIQLOニットと
パンツ?ステテコ?

どちらも
かなりよく着ました。

ニットは
今シーズンも2度ほど
着用しましたが
どうも加齢のせいか、
ボーダーが似合わなくなってきたようです。


スポンサーリンク


年齢と共に似合う洋服は変わる

加齢に対しては
ネガティブでは無いのですが
やはり似合うものは
変わってきます。

白黒、白紺などは
まだいいのですが、
他の色のボーダーではなんだか
違和感が…。


穴が開たのが
処分への決定打となりました。


黒のパンツ?ステテコ?は
夏の家着として
時にワンマイルウエアとして
大変良く
リピ買いまでしたものです。

しかし今夏は
リラコばかりを着てしまい
一度も着用なかったので
処分します。


これに加え、
無印週間でアップデートしたもの
古いものも処分しました。

今回の無印週間は、
無駄買いもなく、
とても満足です。

後日、
詳しく書くかもしれません。

汚部屋脱出を無意識に阻む者!

ゴミ袋にいれていたところ、
目ざとく夫に見つかり、
「かわいいお椀なのに捨てちゃうんだね」
と言われましたが、
もう6年使っている旨を説明すると
それ以上は言われませんでした。

夫の騒ぎそうなものは
簡単に見つかるように処分しません。
割と何を捨てても
ごちゃごちゃ言われますけれど。

とはいえ、
夫の大切なもの、
特にファッション関連のものは、
勝手に処分することはありません。

夫自ら減らしてくれることを
祈るばかりです。