汚部屋|シンプルにする過程|脱出編

混乱した汚部屋から脱出を

我が家のタオル事情。どんどんシンプルに、どんどんミニマムに。ここだけは汚部屋脱出完了?

ミニマムだったり、
シンプルだったりする
実用的で単純化された生活に憧れつつ、
日記を見てくださっている方は
よく、ご存知の通り、
汚部屋な我が家。

そんな中、まだまだ数は少ないのですが
すでに私の中の基準では
合格点なモノがいくつかあります。

ざっとあげると、
バスタオル、食事用お箸、
私の肌着と靴下などなど。


今回はその中から
我が家のバスタオル変遷と
現在のバスタオル事情について
記事風に書いていきたいと思います。


全部白でわかりにくいですが、

左下から、バスタオル
真ん中、ビッグフェイスタオル
(又はミニバスタオル
右上、フェイスタオル

スポンサーリンク


独身時代(派手タオル)

学生時代からの約15年間程
お風呂上がりにはフェリシモの
毎月届く毎月違う柄の
タオル&バスタオルのセットを
使っていました。

その頃は特に不満もなく、
むしろスーパー銭湯に行った時に
他の人とは違う変わった柄で
お気に入りでした。


新婚期(白バスタオル)

結婚後もしばらくは
派手タオルたちを使い続けてましたが、
ある時お気に入りに穴が空いたのをキッカケに
穴が開いていないものも
全体的にくたびれた感じが気になり始め
買い換えることになりました。

その頃には
ゴチャゴチャする柄も
気になるというか
気分では無くなってきていたので、
とりあえずバスタオルだけ、
全て白に統一しました。

白のバスタオル時代の幕開けです。

黒船ならぬ白タオルで、
文明開化の幕開け?

ざんぎり頭を叩いてみれば、
文明開化の音がする♪

3年目の浮気時代(白ミニバスタオル)

心も洗われる
美しい白一色のバスタオル時代。

しかし、
問題がなかったわけではありません。


以前も書きましたが、
我が家の夫は、
しずかちゃん並みにお風呂が大好き。
夜は湯船に必ず浸かり、
朝はシャワーをつかいます。

夫がしずかちゃん、については
こちらの日記をどうぞ
www.hoarder0.net

バスタオルは、その都度
洗濯済みの新しいものを使用します。

そして、
夜のみ入浴の私も、
バスタオルは毎日新しいものを使います。
(実家では家族間の使い回しや
(繰り返し使いが普通でしたが、
(私は一人暮らしをするようになってから
(それを気持ち悪く感じるようになりました

つまり、
子供が産まれる前でさえ
1日で最低3枚のバスタオルが
洗濯物として出ていたわけです。

我が家の洗濯は2人暮らしの頃は
真夏でない限り1週間に1〜2度
その頃は平日どこかで1回、
週末に1回という感じでした。

それで大丈夫なの?
と思われるかもしれませんが
バスタオルの枚数があったので、
足りなくなるという事はありませんでした。

こう書くと、
何の問題もない様に感じますよね。

しかし、問題はあったのです。


保管スペースも広く必要でしたが
1番の問題は

狭い我が家の、狭いベランダ。

週に1〜2回の洗濯で
6枚はまだしも、
洗濯の日が雨などでずれた場合、

9枚、12枚と
1回の洗濯で洗う大きなバスタオルの枚数が増え
「干す場所がない!」
という事態がしばしば発生。

これが、
忙しい朝の
夫婦喧嘩の原因になったりもしていました。

一応乾燥機もあるのですが
洗濯物はどうしても外に干したい派でして。

(今思うと
(ピンチハンガーなどを買い足せば
(干せないこともなかったかもしれませんが、
(当時は思い浮かばず、
(これが今になると実に良かったと思います

(あ、洗濯回数を増やすのは
(面倒くさがりモノグサ兼業主婦なので
(選択肢にはハナからありませんでしたねー

で、どうしたかというと、

バスタオルをやめ、
「ミニバスタオル」や
「ビックフェイスタオル」
と呼ばれるサイズの物に変えました。

もちろん全て同じメーカーのもので
色は全て白。


私が使っていたのはこちら

この大きめのタオルは
途中買い増しをし、買い替えもして、
長いこと使いました。
お値段はリーズナブルなのに
しっかりとした生地で、
なかなか良かったです。

そういえば、
「タオルの買い換え」
という感覚も
この頃初めて出てきたものです。

以前は
ヘタレできたからそろそろ買い換え
という感覚は無く
当然のように穴が開くまで
使っていましたから。


が、
うまく回ってたかに思われるシステムに
ついに立ちはだかる
最大の?壁が現れます。


産後混乱期~現在(白フェイスタオル)

ミニバスタオルとの蜜月に
立ちはだかった高い高い壁、

それは、

子供の誕生と、成長
でした。

赤ちゃんの頃は
専用のオーガニックの
バスタオルを使っていましたが、
成長に伴って育て方が雑になり
(ゲフンゲフン
夫婦のバスタオルに合流してきました。

これで、使用枚数、約1.5倍

バスタオル時代より省スペース化され
さらに洗濯の回数も週1〜2回から
週2〜3回に増えていたにもかかわらず、
干すスペースが、カッツカツ。

そして、
子供は特に体が小さいので
頭と体を拭いても
ビックフェイスタオルは
ほとんど濡れていません。

もったいないなぁ、と思い始めました。


ここで、
我が家のグラン・ジュッテ。
もしくは、ターニングポイント。

あ、これ、いっそ
全部普通のタオルにしちゃえば
いいんじゃね?

とひらめきました。

夫は確かに朝晩タオルを使いますが
髪も短いですし、
体もさほど大きい人ではないので
使用後のタオルを確認したら
それほど濡れていないんですよね。

もし、
小さすぎる、これじゃ間に合わない
と言われれば、
「2枚使ったらいいじゃない?」
と提案することにして、

ビックフェイスタオルは
既に全て処分しました。
と夫に伝え、
こっそり隠してしまいました。
(もし、やはりダメとなったら
(戻そうと思っていました。
(嘘も方便です。へへへ。


我が家で投入したのはこちら。

手元に届いたとき
あれ、薄すぎる?!安っぽい?
買い物失敗?!

と、思ったのですが
さすが、
Amazonのお買い物ランキング90位の強者。

使い古した上記のミニバスタオルと
ほとんど吸水量的に遜色なく
さらに乾くのも早い。

洗濯スペースも少なくて済むのはもちろん、
1枚200円弱というお値段で
大満足のお買い物でした。

ヘタレて吸水力が落ちてきても
すぐに買い換えられる価格。
これくらいなら買い換えやすく、
常に新しくて白い
フワフワのものを使えます。



これで10枚入り。

最初は、
必要枚数がどれくらいになるかわからなかったので
30枚購入しました。

結局我が家では、20枚が稼働中。
余ったこちらは
次回のストックとして保管中のものです。

次回からは
必要枚数が把握できたので
ストックは買わず
必要枚数のみ購入する予定です。

自宅にストックしなくても
いつでも買えるというのが
Amazonの定番商品を使う
1番のメリットかもしれません。
実に助かります。

ちょいちょいセール商品になるので
その点でもお勧めです。
(1/24お昼現在もセール中でした



そんなわけで
現在の我が家のタオルたち。

今日が水曜日で、
今日夜か明日朝には
洗濯せねばというタイミングなので
ストックが少なくなっています。

満タン時で1列に10枚入れてます。
(かごは夫が別用途で買っていたものを流用
(あまり好みじゃないので
(いずれは買い換えるかも


使い終わったあとは?

最近は10年保証の今治タオル
なんて製品も出ているようですが、

今の我が家では、
タオルは消耗品として
半年〜1年弱ほどで買い換えています。


白いタオルは使っているうちに
少しずつ黒ずんできます。
(単独では気付きにくいですが、
(新品のものと比べるとよくわかります

肌触りもゴワついてきます。
(柔軟剤は嫌いなのでつかいません

また、繊維の目がつまってくるので、
気をつけて
たまにベンザルコニウム溶液などを
使うのですが、
夏場などはちょっとしたことで
洗濯失敗の臭いがする様になります。

ベンザルコニウム溶液は
このオスバンSが有名どころかな。

薬局でもたいてい取り扱っているので
生乾き臭いでお困りの方は
試してみてくださいね。
(私は雑なので柔軟剤投入口に適当に
(トバドバ投入しています。


あとは、
吸水力も落ちてくるので、
使用枚数が増え、
結果洗濯する枚数が増えてきます。


半年ほどで買い換えれば
これらの問題が全て回避できます。


使い終わった後のタオルは
こんな感じで切って

(これは、白タオル導入前に使っていた
(頂き物のタオルです


大人の手のひらサイズほどが
私は使いやすいです。


まずは
子供のお手拭や口拭きとして使用。

そのまま軽く洗って
こんどはその日のダスターとして再利用。
机や流し、ガス台を拭いてそのままポイ。

ダスターは
有機物、特にタンパク質を拭き取ったら
夏なら半日、冬でも長くて1日で
廃棄することが
雑菌繁殖を起こさないために大切なことですので、
その点でも、実に効率的です。

使い捨てのウエットティッシュの質感より
水で濡らしたタオルで
口や手を拭いた方が気持ちいいですし。


それ以外にも気軽に掃除などに
気軽にどんどん使います。

タオルなのでハサミで切ることによって
切り屑はどうしても出ますが、
あまり気にしていません。

まとめ

我が家のタオルの運用と変遷は
いかがでしたでしょうか?

今でも大きなバスタオルに
包まれる至福を思い出すこともあります。

しかし、
モノグサ夫婦が運営する我が家が
楽に清潔でご機嫌で居られるためには、
今のシステムが最高にマッチしているので、
今後バスタオルを持つことは生活環境が
劇的に変わる事件でもない限りありません。


我が家の夫も導入時は少しゴネました。

もうぜーんぶ前のバスタオルや
ミニバスタオルは捨てちゃった、
ごめんね!

とその時は伝えたので、夫的には
渋々フェイスタオル生活に突入したのだと思います。

しかし、
半年経った今も、不満は特にないようで、
夫が洗濯を干すことも多い我が家、
楽になったことに気づいたのか
結局その後文句は何も言いません。

お風呂上がりもフェイスタオル1枚で
事足りているようです。

肩くらいの長さの髪型の私もほぼ1枚ですね。
そのあとドライヤーをかけるのが
めんどくさいなーという時は
2枚めを使ってターバン状にしています。


長くなりすぎてしまいましたが、
とにかく申し上げたいのは、

フェイスタオル生活はメリットがたくさん
とーっても、おすすめです!



もしかしたら今日も
夕方の更新はお休みかもしれません〜
なんともはや。
書きたいことはたくさんあれど、
ちと仕事が立て込んでて、
目が死んでおります。

↓応援お願いします
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ